花粉症の時期でのコンタクトレンズ

スギ花粉が多く飛散している時期でもコンタクトレンズ装用を続けたい患者さんも多くおられます。眼の痒みが強く、充血、眼脂等の結膜炎の症状が明らかな場合は、

アレルギー性結膜炎の治療を優先することが原則です。この時期レンズに付着した眼脂等の汚れが症状を悪化させます。症状が改善すれば1日使い捨てタイプのコンタクトレンズを装着します。コンタクトレンズ装用前後で抗アレルギー点眼薬を点眼し、コンタクトレンズ装用時には、防腐剤無添加人工涙液で洗眼しながら使用する事をお勧めしております。

コンタクトレンズ上からの抗アレルギー点眼がお勧めできない理由として、点眼薬に

含まれる防腐剤のレンズへの付着、コンタクトレンズの変形等が挙げられます。