レジェンド対決

6月7日ハマスタでのライオンズ戦観に行ってきました。ゲームに先立ち、懐かしのカルロス・ポンセと世界の王に酷使された挙句、西武に放出された鹿取義隆との対決が行われました。結果はポンセが現役時代を彷彿させる糸を引くようなライナーのヒットをレフト前に放ちました。ポンセと云えばパチョレックと形成するクリーンアップトリオは強力で、ホームラン王と打点王を獲得した事もあり、大いにハマスタを盛り上げてくれたものです。一方内野はどこでもこなせるという触れ込みだったのですが、ホームランの数だけエラーもしでかしてくれ、いつの間にか外野専任になってしまいました。とにかく明るいメキシカンで大洋ホエールズらしい見ていて本当に楽しい選手でした。さて肝心のゲームの方は、ヨタ高連合対大阪桐蔭連合といった感じでしたが、一番のハイライトはレジェンド対決でした。