2017年4月30日東京ドーム

ちょっと遡りますが、念願のPaul McCartneyのコンサートに行ってまいりました!

予想はしていたのですが、水道橋の駅から物凄い人盛り!あらゆる世代、人種の人達でごった返していました。さすがはPaul御大!

Openingは何故か、A hard day’s night…。その後、Beatles、Wings、ソロとあらゆる時代から万遍なく演奏してくれました。

ビックリしたのが、Rubber Soulに収録しているYou wont’ see me、シングルカットされていないし、Beatles時代、ライヴでは演奏していなかったのではないでしょうか?いかにもalbumに収録されているPaulらしい小品といった感じで、お気に入りの一曲です。

Georgeのsomething、Johnに捧げたHere Today、いずれも感動的でした。

やっぱりハイライトはHey Jude! 念願だった合唱する事出来、感極まってしまいました。

フィナーレはAbbey RoadのB面の再現、アンコールはBeatles時代からPaulらしくBand

on the run、Hi Hi Hiと軽快なロックンロールでキメてくれました!

こうして、10代の時からBeatlesフリークの自分にとって夢の様な3時間はあっという間に経ってしまいました。