逆流性食道炎について

胃酸を含む、胃の内容物が食道に逆流することで、食道の粘膜に炎症が起きた状態を「逆流性食道炎」といいます。食道には、胃酸に対する防御機能がないため、酸に繰り返しさらされることで炎症を起こし、粘膜のただれや潰瘍が生じたり、胸やけ等の不快な症状が起こります。

逆流性食道炎に対する治療として、プロトンポンプインヒビターという薬で対応しております。お心当たりのある方は御気軽に御相談下さい。