カロリーオフに要注意!

近年の健康ブームを反映して、カロリーセーブが目的のカロリーオフ飲料が脚光を浴びています。しかし、これらの多くには合成甘味料のアスパルテーム、スクラロース、アセスルファムKが使用されております。これらの最大の特徴は、カロリーが少ない、もしくはゼロなので、「体に良いと思って飲んでいる。」という人も多く見受けられます。 しかし、これらは元来自然界には存在しないために、体内で代謝、分解されずに残存しますから、エネルギーとはならないため、ゼロカロリーなのです。 また最近の知見では悪性腫瘍との関連も言及されております。くれぐれもカロリーオフ飲料には御注意を!