食物アレルギーにおける最近の見解

食物は人生で最初に出会うアレルゲンと言われております。一般的には、食物はアレルギーを起こさず、たべる事により、慣れるはずといわれております。

今までは、乳児期の消化管における消化機能の未熟性や、粘膜免疫の未発達な状態が引き金になって発症すると考えられていました。

しかし、早期の抗原回避が、抗原に対し免疫寛容を誘導できずに、アレルギーを発症する可能性が指摘されております。

つまり、食物アレルギーは食べる事が予防になり、食べないがために発症してしまうという事です。